○○クリニック 本文へジャンプ
難しい行政の文章表現を、分かりやすい言葉で説明しました。
トップ> 車種別の税額
車種別の税額
注意)自動車税と軽自動車税は違います。このサイトでは普通車を対象にした自動車税のみを説明しています。軽自動車の場合は対象外です。


税額
3つの項目で税額が変わります。
@ 用途:自家用か、事業用か
自家用か事業用かは、白ナンバーか緑ナンバーかの違いです。



A 乗用車か、トラック、バンか
B または、特殊用途車か
通常の人は、個人で所有していますので、
自家用+乗用となります。

自動車税は、排気量によって自動車税の税額が変わってきます。大きな排気量は高く、小さな排気量は安い設定になっています。
乗用車は、以下の表の通りです。

基本の自動車税の場合は、以下の通りです。

自 家 用 乗 用 車

 (総排気量)1.0L以下のもの  29,500円

(総排気量)1.0Lをこえ1.5L以下

34,500円

(総排気量)1.5Lをこえ2.0L以下

39,500円

(総排気量)2.0Lをこえ2.5L以下

45,000円

(総排気量)2.5Lをこえ3.0L以下

51,000円

(総排気量)3.0Lをこえ3.5L以下

58,000円

(総排気量)3.5Lをこえ4.0L以下

66,500円

(総排気量)4.0Lをこえ4.5L以下

76,500円

(総排気量)4.5Lをこえ6.0L以下

88,000円

(総排気量)6.0Lをこえるもの

111,000円

電気自動車

29,500円


基本の自動車税の場合は、以下の通りです。

トラック・バン(最大積載量が1トン以下)

(総排気量)1.0L以下のもの  13,200円
(総排気量)1.0Lこえ1.5L以下 14,500円

(総排気量)1.5Lをこえるもの

16,000円

トラック・バン(最大積載量が1トンこえ2トン以下)

 (総排気量)1.0L以下のもの  16,700円
(総排気量)1.0Lこえ1.5L以下  17,800円

(総排気量)1.5Lをこえるもの

19,500円

トラック・バン(最大積載量が2トンこえ3トン以下)

(総排気量)1.0L以下のもの  21,200円
(総排気量)1.0Lこえ1.5L以下 22,300円

(総排気量)1.5Lをこえるもの

24,000円


自動車税についても、国の政策で環境に良い(排気ガスの少ない車は、減税、排気量の多い車は増税ということに平成 年より法律が施行されました。

詳しくは減税になる車のページをご覧ください
                ⇒ 減税になる車





------------------------------------------------------------------



引用原本(埼玉県自動車税事務所)
                 ⇒ 埼玉県自動車税事務所のHP

【年税額一覧表】

自家用 事業用
乗 用 車
(3,5,7ナンバー)
乗 用 車
(3,5,7ナンバー)
ト ラ ッ ク
バ  ン
(1,4ナンバー)
乗車定員が3人以下 ト ラ ッ ク
バ  ン
(1,4ナンバー)
乗車定員が3人以下
乗車定員が4人以上 乗車定員が4人以上
バ  ス
(2ナンバー)
バ  ス
(2ナンバー)
けん引車・被けん引車 けん引車・被けん引車
特 種 用 途 車
( 8 ナ ン バ ー )


【簡易月割税額表】
(PDFファイル)

PDF簡易月割税額表(自家用) [約75KB] PDF簡易月割税額表(事業用)  [約76KB]

PDFキャンピング車簡易月割税額表(税制改正対応版) [約45KB]



引用原本(山梨県軽自動車協会)
                 ⇒ 山梨県軽自動車協会のHP








管理者のコメント
自動車税って、毎年かかってくるものなので、ユーザーとすると支払が大変ですね。景気が良くないこともあり、自動車税の安い軽自動車が売れるのは納得。そうなると国は税金が足りないから軽自動車の自動車税を上げるのでは?と思ってしまう私でした・・・。