○○クリニック 本文へジャンプ
難しい行政の文章表現を、分かりやすい言葉で説明したサイトです。
トップ > 納税証明書
納税証明書

注意)自動車税と軽自動車税は違います。このサイトでは普通車を対象にした自動車税のみを説明しています。軽自動車の場合は対象外です。

正式には、自動車税納税証明書です。




自動車税を、きちんと納税すると、納付した機関(銀行やコンビニ等)が受領印を押してくれますので、それが、証明書となります。 納税証明書には、有効期間があり、その年に車検を受ける際には、この証明書を添付しないと、車検が受けられません。 納付していないと、車検を受けることができません。 5月ごろに送られてきた納付書を、銀行やコンビニ等で支払うと、右端の納税証明書に、証明印を押してくれるので、その切れ端が、自動車税の支払証明書となります。 無くさないように車検証入れに入れておくのがよいでしょう。

 






引用文献(栃木県自動車税事務所)
                 ⇒ 栃木県自動車税事務所のHP



管理者のコメント
コンビニで、支払できるので、とても便利になりましたね。 郵便局も日本各地にあるので便利ですが、やはり、コンビニの駐車場の広さなど、郵便局とは比較にならないですね。