○○クリニック 本文へジャンプ
難しい行政の文章表現を、分かりやすい言葉で説明しました。
トップ> 廃車の時には
廃車の時には、自動車税はどうなる?
注意)自動車税と軽自動車税は違います。このサイトでは普通車を対象にした自動車税のみを説明しています。軽自動車の場合は対象外です。


一般的には、中古車売買と言っても、業者を通じて売り買いするのが一般的です。
ですから、ここでは、
@ 中古車販売店で、買う。
A 中古車買取り店に、売る。
の、2つについて、考えてみましょう。

@ 中古車販売店で、買う時には、車の本体価格+諸費用がかかります。車検、車の価格にかかわらず、自動車税を支払わねばなりません。つまり購入する車の排気量と、購入する月によって、自動車税が異なるのです。
例として3車種の車について記述します。

支払うべき自動車税額は?    
    ヴィッツ 
1,500cc
マーク2 
2,500t
シーマ
4,000cc 
年間自動車税  1年分 34,500円   45,000円  66,500円
購入するする月    4月(12ヶ月分)   34,500円 45,000円  66,500円 
 5月(11ヵ月分)
 31,600円  41,250円  60,900円
 6月(10ヶ月分)   28,700円  37,500円  55,400円
 7月( 9カ月分)  25,800円  33,750円  49,800円
 8月( 8ヵ月分)  23,000円  30,000円  44,300円
 9月( 7ヶ月分)  20,100円  26,250円  38,700円
 10月(6ヶ月分)  17,200円  22,500円  33,200円
 11月(5ヶ月分)  14,300円  18,750円  27,700円
 12月(4ヶ月分)  11,500円  15,000円  22,100円
 1月(3ヶ月分)  8,600円  11,250円  16,600円
 2月(2ヵ月分)  5,700円  7,500円  11,000円
 3月(1ヵ月分)  2,800円  3,750円  5,500円


新車購入でも、中古車購入でも自動車税は、きっちり徴収されます。支払わないと車検が取れず、車検なしで走行すると逮捕されますから、どうしても払わざる負えない税金です。中古車を買う時には、きっちり諸費用で取られる自動車税ですが、逆にその車を売る場合に、自動車税の扱いはどうなるのでしょうか?きちんとその価値をユーザーにそのまま買取り金額として返してくれるのでしょうか?

A では、中古車買取り店に、売る時をかんがえてみましょう。
当たり前のことですが、中古車買取り店では、お客様の車を中古車として買取りします。つまり商品として買取りするわけです。つまり、車検が付いていて、自動車税がきちんと支払われているのが原則です。その分を割増してプラス査定して買取りします。
ただ、現実には、古い車の場合は、0円査定が一般的、多くの店では、廃車手数料を逆に請求しています。 自動車税の価値は、前述したように、数千円から時には数万円にもなります。その他にも自動車重量税や、自賠責保険の価値もあります。 でも査定は0円、逆に手数料を請求? これって、正しいの? たぶん売買契約書の中で、売却者は、その権利をすべて買取り店に譲渡しますとか小さな字で書いてあると思います。だから法律的には、勝てないでしょう。
価値のある新しい車は、中古車買取り店に。 もし、0円査定とか、言われたら、自動車解体工場で、廃車として売却することをお勧めします。



------------------------------------------------------------------

管理者のコメント
私も、数年前に、大手の中古車買取り店で、ボクシーを売ったことがあります。 商談後、納得して契約まで進んだときに、「もし、後日、事故車等だったら再査定でお金をその分返してもらいます!」と言われました。 いやなら保障金が●%必要と言われました。 あとから難癖言われるのがいやだったので、つい保障金分を支払ったのですが、未だに納得できません。 30分もあちこち点検したのに、ミスしたらお客さんのせいだと言うのは(-_-;)