○○クリニック 本文へジャンプ
難しい行政の文章表現を、分かりやすい言葉で説明したサイトです。
トップ
トップページ

注意)自動車税と軽自動車税は違います。このサイトでは普通車を対象にした自動車税のみを説明しています。軽自動車の場合は対象外です。

自動車税とは
自動車を所有している人が払うべき税金の一つです。道路を維持するためには整備が必要です。 その費用は、所有者が負担すべきとの意味合いのものです。

           
納税義務者
毎年4月1日に、自動車を所有している人が、自動車税を払わなくてはなりません。但し、ローン等で購入した場合は、使用者が払います。
(車検証に所有者と使用者の欄があるので確認を)
いつ購入したかで決まるのではなく、あくまでも4月1日時点で、その車を所有している人が対象です。
ですから、名義変更する時や、廃車にする時には3月31日までに完了する必要があります。 ちなみに名義変更するには、車庫証明が必要ですので、ギリギリ1週間程度の名義変更の期間を考えた方がよいでしょう(一部軽自動車は除く)。
軽自動車でも、地域により車庫証明が必要な場合もあるので注意。

納める額
自動車の種類(普通車、トラックなど)、用途(自家用、リースなど)、排気量などにより、年間の税額が決められています。
なお、平成14年度から、自動車税のグリーン化が始まりました。
排気ガスが少ない車には、自動車税を安くして、古くて排気ガスがたくさん出る車には自動車税を重くするというものです。

納税方法と、納税する場所
4月1日に自動車を持っていると、5月に自動車税事務所から「納税通知書兼領収書」が送られてきます。 簡単に言うと請求書です。
銀行、郵便局やコンビニで支払うことができます。 自動車税事務所や、県税事務所が近いなら、そこで支払してもOKです。

納付期限は5月31日(ただし31日が土日祝の場合には、翌日までOKです)
但し、新車で購入した場合や、中古新規登録(車検のない車を、新しく車検を受けて購入した場合)には、月割りで、登録する日に支払います。 通常の場合は、その車を購入した車屋さんが、すべて手続きしてくれるはずです。

月割りの税額計算
自動車税は4月1日が始まりです。1年の税額が3万円の場合は、12ヶ月で割った金額が1ヵ月の税額で、この場合は2500円となります。 月単位の計算、かつ、100円未満は切り捨て
4月 30,000円
5月 27,500円
6月 25,000円
7月 22,500円
8月 20,000円
9月 17,500円
10月 15,000円
11月 12,500円
12月 10,000円
1月 7,500円
2月 5,000円
3月 2,500円

自動車税の還付
年度(3月31日〜4月1日)の途中で、自動車を抹消登録(ナンバーを返すこと。あくまでナンバーを返すだけ。廃車、解体まではしなくてよい)した場合は、抹消した月の翌月から3月までの自動車税が還付されます。 抹消でなく名義変更の場合は
還付されません。 新しいユーザーへその権利が譲渡されます。

還付の計算方式
自動車税は4月1日が始まりです。1年の税額が3万円の場合は、12ヶ月で割った金額が1ヵ月の税額で、この場合は2500円となります。 月単位の計算、かつ、100円未満は切り上げ)
4月 27,500円
5月 25,000円
6月 22,500円
7月 20,000円
8月 17,500円
9月 15,000円
10月 12,500円
11月 10,000円
12月 7,500円
1月 5,000円
2月 2,500円
3月 0円

なお、申請書を提出することにより、自動車税を払った人以外の人でも還付を受け取れることができます。

2重納付
2重納付などで納め過ぎた場合は、納税義務者に返金されます。 但し未納の県税がある場合には、還付金はその未納分に充てられます。

自動車税納税証明書
自動車の車検を受ける時には、自動車税が払ってなくてはなりません。 納税通知書の右片は納税証明書になっており、自動車税を払うと、車検用の納税証明書として使用できます。 有効期限があります。 車検証入れに保管しておくと、車検の際にスムーズに手続きが行えます。
証明書を紛失した場合は、自動車税事務所にて再発行できます。 (軽自動車の場合は市町村役場) 普通車の場合は、陸運支局(車検場)でも自動交付機があり、そこで発行できます。

減免制度
障害者の方のために、自動車税が安くなる制度があります。
県により若干の制度の違いがあると思われます。お住まいの自動車税事務所にお問合せください。






引用原本(埼玉県自動車税事務所)
                 ⇒ 埼玉県自動車税事務所のHP
自動車税とは
自動車の所有者に対して課税される財産税の一種ですが、道路を使用することに対して、その整備費などを負担していただく性格ももっています。

納税義務者(納める人)
毎年4月1日(午前0時)現在で自動車(軽自動車を除く)を所有している方です。ただし、割賦販売契約により購入した場合で所有権がまだ売り主にあるときは、買い主である使用者の方が納めます。 年度の途中で名義変更した場合でも、4月1日(午前0時)現在の所有者が1年分の納税義務者となります。
(地方税法の規定により、その年度の末日に所有者の変更があったものとみなします。自動車の種類、用途、排気量などにより年税額が決められています。

なお、平成14年度から自動車税のグリーン化が始まりました。
排出ガス及び、燃費性能のすぐれた環境負荷の小さい自動車については1年間税率が軽減され、新車登録から一定年数を経過した環境負荷の大きい自動車については税率が重くなります。

納税する方法、納税する場所

4月1日に自動車をお持ちの方は、5月に自動車税事務所から発送される「納税通知書兼領収証書」により金融機関またはコンビニエンスストアで納めます。また、自動車税事務所や、県税事務所で納めることもできます。納期限は通常5月31日(ただし、31日が土曜日、日曜日、祝祭日にあたる場合は翌開庁日)です。

 ただし、新車又は中古新規登録をした場合は月割りで計算した額を申告により、それぞれの登録の日に納付します。

月割り税額の計算方法

年税額×登録等の月の翌月から3月までの月数÷12
100円未満切り捨て)

自動車税の還付

年税額を納付した後に年度の途中で自動車を抹消登録したときは、抹消登録した月の翌月以降の税金が還付されます。
 移転登録(名義変更)及び県外ナンバーへの変更登録時の還付はありません。

還付金の計算方法

年税額×抹消登録の月の翌月から3月までの月数÷12100円未満切り上げ)

二重納付などで納め過ぎたときは、納め過ぎとなった税金は納税義務者に還付されます。※納税義務者に未納の県税などがある場合には還付金は未納分に充当されます。
特別の事情により、還付金を納税義務者以外の人が受け取りたいときは還付請求権譲渡通知書 [Excelファイル/40KB] を自動車税事務所管理第一担当に提出してください。 [還付請求権譲渡通知書の提出期限]

 ○抹消登録による還付の場合・・・抹消登録が1日〜15日までの場合28日まで  16日〜月末までの場合 翌月の14日まで (閉庁日にあたる場合は翌開庁日まで)

 ○二重納付などによる還付の場合・・・納め過ぎとなった日から7日以内(必着) (7日目が閉庁日にあたる場合は翌開庁日まで)



管理者のコメント
う〜ん、行政の作った文章は、とても読みづらいですね。 間違いのない記述をするためにこのような文章になるのは理解はできるのですが・・・